文化庁から「令和元年度ミュージアム・マネジメント研修の実施について」のご案内

各 位
                                          文化庁企画調整芸課 

 文化庁では、博物館に係る人材養成の充実を図る観点から、下記のとおり、「ミュージアム・マネジメント研修」を実施します。
 ついては、本研修への参加希望者がある場合は、希望者ごとに研修参加申込者調書を作成し、令和元年10月10日(木)までに、貴館の所在地の都道府県教育委員会担当部署宛てに、郵送、FAX又はE-mailにてお申し込みください。
 なお、一部の教育委員会ではE-mailでの提出を受け付けていないこともあるので注意ください。
 受講者の決定に当たっては、都道府県教育委員会の推薦をもとに、文化庁において選考の上決定し、都道府県教育委員会に通知します。


1. 趣 旨
  博物館の管理運営に関わる職員等に対し、博物館の企画及び管理運営に必要な専門的知識並びに博物館を取り
 巻く社会動向についての研修を実施し、その資質の向上を図る。

2. 主催 文化庁
  共催 東京国立博物館(予定)
  
3. 開催期間及び会場
  期間:令和元年11月27日(水)~11月29日(金)(3日間)
  会場:東京国立博物館 附属黒田記念館セミナー室
      〒110-8712 東京都台東区上野公園13-9
      TEL:03-3822-1111(代)
 
4. 受講対象
 (1) 博物館において管理職の地位にある者(事務系・学芸系を問わない。)
 (2) 都道府県又は市(区)町村において博物館行政を担当する職員。
 (3) 上記(1)(2)と同等の職務を行うもので、文化庁が特に受講を認める者
 ※前後期計3日間の全過程を受講可能な者のみとする。 

5. 受講人数 50名程度
  ※受講希望者多数の場合には、文化庁において本研修の趣旨等を考慮の上、選考・決定し、都道府県教育委員
   会教育長に通知する。

6.   研修内容及び日程
 
7. 修了証書の交付
  当該年度の全ての課程を履修し、研修の成果について所定のレポートを提出した者には、文化庁から修了証を
 交付する。

8. 受講者の申込・推薦
  参加希望者は、研修参加申込者調書(様式2)(下記)を作成し、令和元年10月10日(木)までに、所管の 
 都道府県教育委員会担当部署宛てに、郵送、FAX又はE-mailにて申し込むこと。なお、一部の教育委員会では
 E-mailでの提出を受け付けていないこともあるので注意すること。また、送付する封筒・FAXタイトル・E-mail
 タイトルには【ミュージアム・マネジメント研修申込書類】と表記すること。
【研修参加申込者調書】(様式2)(Word:57.3KB
 
  各都道府県教育委員会では、留意事項を参照の上,受講者推薦名簿(様式1)を作成し、令和元年10月17日
 (木)(必着)までに、郵送又はE-mailにて、文化庁美術学芸課の下記担当まで提出すること。
  あわせて、各受講希望者の研修参加申込者調書を添付すること。
9. 経費等
 (1) 研修会に要する旅費、滞在費等は受講者側の負担とする。
 (2) テキスト代等は文化庁において負担する。
 (3) 宿泊所のあっせんはしない。

10. その他
  ・日程の細部は都合により変更することがある。
  ・受講生は研修初日の午前10:00までに会場に集合すること。

推薦書類提出先(都道府県教育委員会からの推薦)、問合せ先

文化庁企画調整課
 ミュージアム・マネジメント研修担当 
  住所:〒100-8959 東京都千代田区霞が関3-2-2  
  電話:03-5253-4111(内線3152.3104)
  E-mail:bireki(a)bunka.go.jp [(a)を@に変更してください]
文化庁ホームページ「平成元年度ミュージアム・マネジメント研修の実施について」
Copyright © 2011 The Japanese Council of Art Museums All Rights Reserved.